kohiru life nature, yoga, life

雨ですね。

おがたまさんの
レンタルスペース音-oto-

先週から対面クラスを再開しました。
近鉄奈良駅から歩いてすぐです。車の方は近くの久家別館前のコインパーキングが最安です。(参考までに)

梅雨らしいと片付けられないほどに雨がよく降りますね。奈良も今朝から強くなる時間帯もありつつ降り続いています。毎年のように起こる災害をどう受け止めてゆけばいいのでしょう。被害にあわれた方たちに言葉もありませんが、少しでも早く日常が戻ってきますように。そしてこれ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

:::

先週から自主クラスが対面クラスで再開しました。
事情があって、会場がこれまでお借りしていた佐保分館からギャラリーおがたまさんへ変更になりました。
通ってくださった方には変更点もありご迷惑をおかけしますが引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

以前、1年程お世話になっていたので、久しぶりの再開にわたしはウキウキしています。お庭の植物たちも以前にも増して、更に静謐さと包容力のような雰囲気が感じられて時間とともにこの場も変化しているのだなぁと感じました。
それは何事においてもそうですよね。いのちは絶えず変化していくもの。見えても見えなくとも。

変化と言えば、わたし自身は今年はリトリートの縮小版のような場や外でのヨガクラスを増やす方向にシフトしてゆけたらいいなと思っていたのですが、コロナウィルスのこともあり、そして何より奈良で自然豊かないい場所になかなか巡り会えずに妄想だけが膨らんでいます(笑)

もう10年近く前に地元に森林セラピーの基地認定が降りて森林セラピーのガイド講座というのを受講したことがありました。その時に具体的に”ヨガ”とは思っていなかったけれど、何かしら心や体にアプローチできる方法が必要だなと感じていました。ただ、そのときのセラピーガイドは、観光ガイドと何が違うのかな?と感じてしまう内容で失望もあって、その後地元を離れたこともありそのままになってしまいました。
ご縁があってヨガを学びはじめて、数年前からリトリートというカタチにできたけれど、ぐるっと一回り原点に立ち戻って、できれば森や自然の中でほっと過ごせる機会を増やしていけたらなぁと。

そんなこんなで何から手をつけたらいいのかなーと思っていたら『新しい森林浴』(小野なぎさ著、学芸出版社)という本を本屋さんでたまたま見かけて森林浴についてもう少ししっかり学んでみようかと思っています。
とは言えまずは場所が大問題。安心して歩いたりヨガできる場とご縁があるように祈ります。

さて、それはそれとして、目の前のできることを精一杯やるのです。
次回は22日(水)です。時々マンツーマンになることがあるくらいに少人数ですが、どうぞお気軽にお越しください。おがたまさんの奥まった空間、なんだか落ち着きますよ。
ご予約やお問い合わせはコンタクトからお待ちしています。

今日も呼吸を深く、雨の音に耳を澄ませてみれば内側と外側のおなじ静けさにきっと気付くはずです。色んな角度で世界を見て、受け止めて、なるべく心おだやかに。